映画館の種類:中小規模興行会社

movie life

Last update:2014/9/17

映画館の種類:中小規模興行会社


日本には大手の映画興行会社と比較すると規模が小さい、中小規模の映画興行会社が多数存在します。
このような会社が運営している映画館には、大手の系列に入って話題作を中心に多く上映しているところも多いですが、その一方で、俗に単館系と言われる、どこの系列にも属さずに独自に上映する作品を決めている映画館もあります。
通常、大手の映画会社や、大手の系列に入っている中小規模の会社は、大手の会社の興行部と呼ばれる部署が決定したスケジュールに沿って作品を上映していきます。
その一方で、どこの系列にも属していない中小規模の会社の場合は、興行会社が配給会社と交渉する事自体は大手と同様ですが、映画館での上映スケジュールも興行会社自身によって決定していきます。この仕組みは系列に属さない興行会社の大きな強みの一つとなっていて、大手の会社の上映スケジュールを考慮しながら、大手が上映しないような前衛的な作品や芸術的な作品を上映することで差別化をはかることができます。
近年は、単館系で上映された作品がヒットする事例も多数出てきていることから、単館系の映画館に対する需要も高まってきています。

映画館ではマナーを守ることが大切です。


今多くの人に親しまれているのが映画館です。
映画館では洋画から邦画まで幅広いジャンルを放映しており自分の好きな作品を楽しむことができます。
広いロビーには上映中の作品のプンフレットが販売されており、自分の好きなパンフレットを購入することができます。
子供向けの作品は上映時間が短くなっており子供が飽きない工夫がされています。
またチケットを予約することで予約特典がついてくるものもあり、ファンには嬉しいサービスがある場合もあります。
大人向けの作品は長時間の上映になることもあるため、あらかじめ上映時間を確かめておくことが大切です。
アクション映画は家庭用のテレビで見るよりも映画館のスクリーンで見たほうがより迫力があり、アクションシーンを大画面で楽しむことができます。
またシアターによって早朝割引や深夜割引を用いている場所もあるためあらかじめ調べてから行くことで安く観賞することができる場合もあります。
シアターでは持ち込みができるフードを販売していることがあります。
また外部からの持ち込みを禁止している場合もあるためその場合はシアター内で購入した飲食物のみ持ち込むことができます。
大切なことは気持ちよく観賞することです。
したがって上映中のマナーを守ることが大切であり他の人の迷惑になるような行為をとらないように注意する必要があります。
上映中のおしゃべりや足を前の椅子にかけるといった行為は迷惑となるため、そのような行為をしないことがマナーとなります。

pickup

声優、俳優などのプロから一般まで、ボイストレーニングを行っています。声量・滑舌・表現力アップのサポートをいたします。

俳優 レッスン

新宿.渋谷.池袋など東京全域に音楽教室があります。子供から大人まで指導経験豊富な講師陣がレッスンします。

池袋 ボイストレーニング

傘やサンダルなどの雑貨も販売中です。

スリッパ 名入れ

Last update:2016/11/1


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) movie life ALL RIGHT RESERVED